ネギたっぷりあさりの酒蒸し




材料(2人分)                                     
・あさり・・・250g   あさり購入はこちら→
・長ネギ・・・1本
・にんにく・・・1片
・酒・・・大さじ3
・こしょう(粗挽き)・・・適宜(多めが良)
・ごま油・・・小さじ3



作り方                                        

1.【下準備】あさりは砂抜きしてよくこすり洗いをする。にんにくは薄切りに、ねぎは斜め薄切りにして冷水で
  もみ洗いをし、ヌメリを取りキッチンペーパーなどで十分に水気をきっておく。
2.フライパンにごま油小さじ2を入れ中火にかけて1のにんにくを入れる。香りが出てきたらアサリを入れて強火
  にし、油とよくなじませ酒も入れてアルコール分を飛ばす。
  蓋をして1分ほどフライパンをゆすりながら貝が開くまで蒸す。
3.あさりを皿に盛りつけ、1のねぎを上に盛りつける。ねぎに残りのごま油小さじ1を回しかけ黒胡椒をお好みで
  かけたら出来上がり。


 

あさりの豆知識                                    




●あさりが産卵するのを知っていますか?
アサリは、初めから貝殻がついたかたちで産まれてくるわけではなく、 卵のかたちで産まれてきます。
メスのあさりが1回に産む卵の数は、成長するに従って多くなるといわれていて、殻長(かくちょう)
(貝殻の左右の最大幅のこと)が2.5cmのもので200万個、3.5cmのもので600万個産卵するそうです。
小さい貝からそれだけ多くの卵が出てくるなんて不思議ですね。


●あさりの栄養
あさりにはタウリンが豊富に含まれていて、血液をさらさらにし、動脈硬化を防ぎ、また肝機能を正常に
働くのを助ける効果もあります。
その他にもビタミン12は貝類の中でも最高の含有料で、悪性貧血や神経疾患を緩和させる働きがあります。
あさりには鉄分も豊富で貧血気味の人や妊婦、授乳婦などに最適です!


●美味しいあさりの見分け方
1.口を開ききったものや全く動かないものは避ける
一般的に口をしっかり閉じているのが良いとされていますが、海水が入ったパッケージのものの理想的な状態は
少し口が開いていて外套膜が僅かに覗いているものです。
※食彩便のあさりは、急速冷凍されており、製造段階の鮮度のまま維持しているのでこの限りではありません。

2.貝の形をチェックする
殻の横幅が広く、厚みが薄いものは、沖合で取れたのもが多く、身が柔らかで上品な旨味を持っています。
逆に横幅が狭く、厚みがあって丸っこいものは、比較的岸に近い場所で取ったもので、歯ごたえがしっかりしていて
野趣に富んだ味わいがあります。

3.パック内の海水の透明度を確認する
白濁している状態は産卵しているか鮮度が著しく低下しているものが多いです。海水が白濁していないけど浮遊物が
見られる場合も多いですが、これは体内に残っていたプランクトン以外のものや排泄物なので、あまり神経質になら
なくて大丈夫です。


●失敗しないあさりの砂抜きと塩抜きの方法
  1. ザルにあさりを入れて流水で洗う
  2. 網などで底上げされたバットにあさりを並べ入れる
  3. あさりが浸るくらいまで海水または塩水を入れる
  4. 新聞紙を被せて蓋をして4〜5時間おいておく
  5. ザルに取り出し流水で洗う
  6. 海水または塩水を捨てた状態で再度2.を行う
  7. 塩抜きの工程へ
  8. キッチンペーパーや新聞紙を被せて1時間〜3時間ほど置いてく
  9. ざるに移し流水できれいに洗ったら塩抜き完了。



おいしいあさりが食べたくなった方!

優れた最新の瞬間冷凍技術を使った新鮮な金目鯛をどこへでもお届けします?

冷凍なので長期保存ができるだけでなく、最新技術で鮮度も抜群です!

市場へ出向きプロが選んだ新鮮なサバを気軽にご家庭で味わえるのが厳鮮食彩便です!

 

新鮮なあさりの購入はコチラから→


 
初めての方へ

Calendar

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
配送について
毎週水曜日・金曜日
※祝日等にて配達が休止することがございます。
定休日 土・日・祝日
(長期休暇はお知らせにて〜)
電話注文
平日
10:00〜18:00
ショッピングサイト・FAXでの受付は
      24時間対応
Top