7083 下りカツオ 約200g

回遊時に漁獲された『トロカツオ』をワンフローズンいたしました。
≪美味しく食べる解凍方法≫
冷蔵庫で2〜3時間(5℃のチルド室が理想)お急ぎの時は流水解凍でもOKです。 半解凍でスライス(切りやすいので)してから冷蔵庫で全解凍が一番美味しく召し上がれます。
量目 :約200g
加工場所 :神奈川県
原材料 :かつお(日本)
解凍方法 :低温or流水解凍

アレルギー :-

〜鰹の豆知識〜
≪栄養素≫
必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が豊富に含まれています。 ビタミンでは、ビタミンD、B群が豊富に含まれています。 ミネラルでは、鉄、リン、マグネシウム、ヨウ素などが含まれています。 カツオの血合い部分には、動物のレバーに匹敵するビタミンB12や鉄が豊富に含まれています。レバーよりも脂肪は少ないので、ダイエット中の方には適しています。 その他にもIPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸やタウリンなども含まれています。
≪鰹について≫
マグロと並ぶ赤身魚の代表魚です。 柔らかく、うま味が多く含まれ、ビタミン・ミネラルも豊富なお魚です。 初夏の物は「初鰹」と呼ばれあっさりとした味で、秋の物は「戻り鰹(下り鰹)」と呼ばれ脂が良く乗っています。
〜おいしい食べ方〜
スライスした「下りかつお」に玉葱・あさつき・にんにく・大葉を刻んで盛りポン酢をかけてお召し上がりください。 他にも「マリネ」「カルパッチョ」や「お茶漬」などでも美味しく召し上がれます。

下りカツオのステーキ〜バルサミコ酢仕立て〜
●材料(2人前)
下りカツオ・・・1パック
ニンニク・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ2
飾り用野菜・・・クレソン等(お好みの野菜でOK)
≪調味料A≫
醤油・・・大さじ2
バルサミコ酢・・・大さじ2
はちみつ・・・大さじ1強
●作り方
1.解凍した下りカツオを2cm幅にカット、ニンニクはスライス。クレソンンはお好みの長さにカットします。
2.熱したフライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを炒め、香りが立ったらカツオを加え、表面に焼き色を付けます。
3.カツオの表面が焼けたら≪調味料A≫を加え強火でサッと混ぜ合わせ火を止めます。
4.お皿に3とクレソンを盛りつけ完成です。
ここがポイント!
カツオに火を通しすぎないようにしましょう。刺身用なので中心まで加熱しなくてもOK
販売価格 526円(税込568円)
購入数


おすすめ商品


7002 紅鮭甘塩 180g(2切)

580円(税込626円)


7010 銀だら180g(2切)

598円(税込645円)


7020 真鯛 160g(2切)

678円(税込732円)


7027 さわら 180g(2切)

384円(税込414円)


Category

Top